種類の豊富なタイ料理ですが、カレー類もいろいろな種類があります。特にタイ南部の方はカレー類を好むようです。私達日本人が好んで食べるのは、ゲーンキヤオワーンでしょうか?日本人の友達はこれが好きな人が多いです。

個人的にはタイカレーよりも日本のカレーが好きなのですが、たまに食べるし、香辛料が効いてるので、食欲のないときにはいいですね。ここで少しタイカレーの種類を紹介します。
ゲーンキヤオワーン(うす黄緑色の甘めのカレー。日本人は好きな人が多いみたいです)
ゲーンペッ(生のコショウをたっぷり使った名前のとおり辛いカレー)
ゲーンマッサマン(ナツメグやカルダモンが入ったエキゾチックなカレー)
ゲーンソム(タマリンドを使った辛いよりも酸っぱいスープのようなカレー)
チューチークン(ココナッツミルクを使ったレッドカレーでおおぶりの海老を炒めたもの)
プーパッポンカリー(おおぶりの蟹をカレーソースで炒めてとき卵をふんわりからめたもの)
どれもおいしそうですが、最後のプーパッポンカリーも日本人は好きなようです。いろいろ試してみたいですね。

メインメニュー

タイの食べ物一覧

携帯サイト